クマを消すメイク法のポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)は、できてしまったクマの上にコンシーラーやコントロールカラーなどをのせると言う事ですね。 単にファンデーションを厚塗りするだけでは、クマが隠せなかったり、かえって目立ってしまったりしますし、塗りすぎが色素沈着の原因になってますますクマがひどくなることもあるでしょう。 ですから、クマが可能でやすい人は、コンシーラーやコントロールカラーを用意しておくことをオススメします。 ただ、クマの色によっても、使用するべきコンシーラーやコントロールカラーの色が違ってくるので、自分ができやすいクマはどのタイプであるのかを知っておくことも大切ですね。 例えば、黒いクマをメイクで消したいなら、ファンデーションよりもやや明るめのベージュ系やオークル系のコンシーラーなどを下まぶた全体にのせます。 クリームタイプや筆タイプの柔らかいものを使ったら、上手にクマを消せると呼ねれています。 茶色いクマはシミを隠すメイクと同じ要領で、黄色系やクリームベージュ系のコンシーラーなどを使って自分の肌の色との差をなくしてくださいね。 クマがある下まぶたに限ったことではなく上まぶたにも薄く塗るようにするのが上手に隠すためのコツです。 青クマを隠したい時は、ピンク系、オレンジ系、アプリコット系のコンシーラーなどをクマの上から目と鼻の間くらいまでのせます。 どのクマの場合も、仕上げにパールの入ったハイライトやパウダーファンデーションを使うと、更に、クマが目立ちにくくなるみたいですー